オナニーのメリット・デメリット

男なら誰でも経験があるオナニー。またの名をマスターベイション。最近はどうか分かりませんが多くの男子が中学生の頃に覚えて、毎日のように自分のチンコをシゴクことに夢中になっていたことでしょう。

 

女性に生理があるように、男はオナニーをするとは、かの文豪村上春樹氏の名作、ノルウェイの森の一説です。それはさておき青少年とって欠かせない存在であるオナニー。そのメリットとデメリットを紹介します。

 

オナニーのメリット

一番のメリットは、何と言ってもその気持ちよさでしょう。徐々に硬く、大きくなっていくペニス。刺激が強まるのと比例して金玉に満たされていくる精液。そして訪れる、脳内にほとぼしるような快感。

 

射精のメカニズムは分かっても、なぜここまで気持ち良いのかはよく分かりませんが、とにかく気持ちよすぎて辞められない。毎日のオナニーがあるからこそ辛い仕事も頑張れるという人も少なくないでしょう。

 

ストレス解消効果や想像力の向上、前立腺がんの予防にも効果があると言われています。またセックスへの予行練習としても有効なオナニー。早漏を改善する効果も期待できますし、ペニスに血流が増えるため、増大効果もあると思われます。

 

夢精を防ぐことにも繋がりますし、男性ホルモンの分泌も活発になるでしょう。これだけメリットがあるオナニー、正直やらない意味が分からないと思います。

 

オナニーのデメリット

適度な回数のオナニーであればデメリットは無いのではと思います。1日に3回も4回もマスターベイションに励むのは流石にやりすぎだと思いますが、成長期であれば1日1回は当たり前。20歳を過ぎても週に1回〜5回程度のオナニーならやりすぎにはならないでしょう。

 

精液にはタンパク質が含まれているから身長が伸びなくなるとか聞いたことがあるかも知れませんが、精液に含まれるタンパク質はほんの僅か。なので特に心配は無いでしょうし、むしろ男性ホルモンも分泌が活発になって身長が伸びるかも知れません。

 

オナ禁するとモテるなどという都市伝説もありますが、僕の経験上オナニストのほうが彼女持ちが多いような…。僕もオナ禁したことはありましたが、彼女は全然できなかったのであまり意味は無いと思います。

 

強いて言えばエロ動画でのオナニーに慣れすぎると本番でイケなくなる恐れがある事くらい。後は夢精という、この世で一番気持ちのいい感覚を味わえなくなる事ぐらいしか思い浮かびません。

 

という訳でやりすぎない範囲で、目一杯オナニーに励んで頂ければと思います。このサイトで紹介されているような出会い系を使っていたとしても、やっぱりオナニーとセックスは別物ですからね。

 

参考サイト